投資は情報量が左右する

投資と情報量が左右するをイメージした画像

投資にもいろいろありますが、分散投資はご存知ですか?あまり聞き慣れない方もいるかもしれませんね。投資では情報量が成功につながることがほとんどです。投資についての様々なことを紹介していきます。

分散投資はリスクを回避するための投資法

最近では株式投資を行う人が増えています。
本業以外に利益を求めてという考えですが、初めはその期待より大損するかもという恐怖の方が強いかもしれません。
しかし、知識を得て経験していけば、その恐怖もだんだん緩和されます。
株式投資は、必ず儲かるというものではありません。
世の中で長く株式投資をしていて負けたことがないという人は存在しません。
どんなに儲けている有名な投資家でもそうです。
儲かるためには、損をしないリスクを回避するということが大切です。
リスクを回避するためによく言われているのは分散投資です。
1つの銘柄に全て投資するのではなく、いくつかに分けるというものです。
そして業種などで分ける考えも必要です。
株価は為替変動や世界情勢など大きな出来事や事件や企業の業績などで上下します。
これらは、予測可能なこともありますが、ほとんどは予測できず、それに合わせて特定の企業株価がどう変動するかはさらにわかりません。
ですが1つの出来事で株価が上がるものもありますし、下がるものもあります。
例えば為替ですが、円安になれば輸出企業の利益が多くなるので株価が上がりますが、外国から輸入して国内で販売している企業は利益が少なくなり株価が下がります。
円高になればその逆が起こります。
利益が逆になるような業種に分散して投資することでその出来事の影響を少なくすることが可能です。
つまり、リスクを回避することになります。
分散投資の考えは銘柄を分けて買うだけでなく、期間を分けて買うや違う金融商品であるFXや債権、外国株式に分けるという方法もあります。
ただし、分散しすぎると利益も少なくなるということは、理解しておく必要があります。
投資で少しでもリスクを回避したければ、なんといっても情報収集を怠らないということが重要です。
その情報の質も常に新しい信憑性の高いものが望ましいのです。そのような情報を得るには投資顧問に頼る方法もありますが、株ブログで情報を得る方法もあります。
株ブログは比較的こまめに更新され続けますし、実際に投資を行っている人のリアルな声を知ることができますので、役立てると良いでしょう。

分散投資の注意点を知っておこう

投資をする上で、数多くの投資手法を参考にする事が重要です。
様々な考え方があり、戦略を持って資産を運用する必要があります。
そんな手法の中でも、特に人気なのが分散投資です。
リスクを分散する事で、損を防ぐ事が出来る手法ですので、多くの人が取り入れている手法としても有名です。
投資家の方達が雑誌や書籍でお勧めしている手法でもありますので、まずは今のご自身の資産を見直してみましょう。
資産を分散するとは、例えば、株や債券を日本と海外に分けて考えたり、海外の中でも先進国や途上国を分ける事でより分散する事が可能です。
株や債券以外にも投資信託を取り入れると、不動産も組み込む事が出来ますので、さらに分散して運用する事が可能です。
そして分散投資の中でも、安定的な運用を希望する人は、資産の中でも債券を多く組み込む事で安定した資産運用が可能です。
逆にアクティブに運用をしたい人は、途上国やアジア諸国の株や投資信託を組み込む事でより積極的な運用が可能となっています。
資産を分散する事で、何か一つの資産が値下がりしても他の資産でカバーする事が出来ますので、一つの資産に依存する必要がありません。
まずは投資を始める前に目的に合わせて各資産の割合を考えます。
そしてその割合に合わせて金融商品を購入する事で、資産のポートフォリオが完成します。
この様に非常に簡単に、そして計画的に資産を振り分ける事が出来ますが、最低年に1回は資産の見直しをしてみると良いでしょう。
資産額の動きから、分散比率を変更する必要があれば見直しをし、継続していくと判断した場合は、購入している金融商品を少し見直しても良いでしょう。
この様に資産を分散する事で、よりリスクを減らして資産を運用が可能となっています。
是非、一度ご自身の資産を見直してみてはいかがでしょうか。
また、資産を見直した上でその運用方法に自信がない、わからないという方は投資顧問を活用してリスクを負う確率を下げることも検討しましょう。投資顧問は様々な会社がありますので気になる投資顧問のランキングをチェックし自分に合った会社を見つけてください。

投資での小さな損に神経質にならないようにする

投資では小さな損失に神経質にならないようにする必要があります。
最初にはっきりさせておく必要があるでしょう。
もし、全く損失が発生するのが嫌だというのであれば、定期預金にでもしておくしかないのです。
しかし、それでは今の時代、利益もほぼ全く挙げられません。
それも嫌だということ投資を始めたはずですから、多少の損失には神経質にならないようにする必要があるのです。
そのための一つの方策は、投資に回せる資金を決めておくことです。
多少の損失が出ようとも、ここまでなら我慢できる、許容できるという額だけを投資に回すことです。
もちろんそのためには、投資に回す分は余裕資金である必要があります。
一定期間後に使うことが決まっているお金であれば、わずかの損失でも大きく気になるのはむしろ当たり前です。
そうではなくて、少なくとも当面は使う予定のない資金である必要があります。
もう一つは、その投資商品について、いったいどれくらいの変動があると考えられるのか、つまり、短期的にはどれくらい損失をかぶる可能性があるのかを自分で勉強しておくことです。
予め考えているのと、いきなり損失が襲い掛かってくるのとでは気分が全く違うというのは想像できるでしょう。
予め、この程度の損失は十分あり得るのだと思っていれば、ああ、そういうこともあるんだったなと大きく構えることができるからです。
そして、大事なことは、小さな損で神経質になるのではなく、大損をしないようにすることです。
そういう意味では、どれくらいの損失が出ればその投資からきっぱりと手を引くのかを考えておくことも重要です。
結局のところ、その商品を十分に勉強すればよい、そうすれば恐れるに足らずということでしょう。