投資と情報量が左右するをイメージした画像

投資にもいろいろありますが、分散投資はご存知ですか?あまり聞き慣れない方もいるかもしれませんね。投資では情報量が成功につながることがほとんどです。投資についての様々なことを紹介していきます。

2017年03月の記事一覧

NISA投資は準備書類必須!プライスラインは外国株

少額投資非課税制度NISAは株式投資で配当金を得ても非課税で済むという制度です。通常は復興特別所得税を除きまして20%の税金が掛かるのですからたいへんに得でぜひ利用すべき制度です。この制度は少額の投資の人のみに適用されるもので1人1口座という制限がありますので、NISA口座を開設する時に確認のための住民票の写し等を準備し提出しなくてはなりません。確認をするのは税務署ですが、確認が終わって実際に口座が開設されるまで1か月前後かかることも予想されますので、住民票の写し等は事前に準備しておき早めに申し込んでおくのがいいです。なおいわゆる外国株はNISAでは買えないようなイメージがありますが、実際は買えますし非課税の対象になります。しかし外国株の場合は証券会社によりまして扱っていない分がありますし、手数料の価格帯も異なります。買う前に円をいったんドルに換えて利益が出たらまたドルを円に戻すなどの作業も証券会社ごとに違います。もともと初めから外国株も購入の対象に考えている人はNISA口座を開設する前に、その証券会社では外国株についてはどうなっているかを事前に確認することは不可欠です。プライスラインは世界最大の旅行会社ですので、日本人にとりましても投資してみたい企業の一つですが、日本の市場では上場していませんので外国株として買うことになります。もし外国株を買うのは大変という場合には、こういう時の策としましては日本で上場しています日本の同業企業の株を買うことです。世界的に旅行が増えて今この業界が有望と判断しているのでしたら、日本の上場旅行会社の株を買うわけです。そもそもプライスラインの株価が右上がりの時期は日本国内でも航空会社やホテル、旅行会社も業績好調と考えられますので、そちらに投資すれば有望です。

続きを読む